IMG_5601

久々にクッキリした虹を見ました。
足元までクリーンに画像に撮ることができるほどの鮮明さ。

『虹の根元には宝物が埋まってる』なんて伝説もありましたっけね

虹の女神様はどこの神話でも、地上と天上を繋ぐ伝令や地上の魂を導く先導役という役目を持つようです。

現代日本でも虹の橋を渡るって、天国へ行ったという比喩に使われてますね。

オズの魔法使いでも『Over the rainbow』の歌詞って、人には辿り着けない理想郷って感じですし。

私が虹を見て思い出すのは、高校時代の真冬の教室。
深々と冷える底冷えの空気と薄暗く雲が厚い空。
静かな教室と、ストーブ。
北風が窓ガラスを揺らす音。

遠く梅小路の機関車の汽笛が聞こえる校舎で、冬場は良く虹を見ることができましたので。
京都名物・北山時雨が原因です。

虹を見ると思い出す景色があるのは、幸せなことかもしれません。