My Dearest.jp

おいしいお菓子や雑貨のお値打ち品をみつけます! ライフスタイルや趣味のこと、ちまちまセンサー、感度良好!! iPhoneSEで写真と奮闘中、そんな毎日感じたことをコツコツと・・・。

IMG_5417

テーブルを買い直す必要が出まして。
それならコタツが欲しいと旦那に直談判をしておりました。
渋っていた旦那からやっと『椅子式なら』と許可が出まして。

あれこれ探して、椅子とコタツとコタツ布団のセットを発見!

『これでいい?
コレならセットで来るから、買い足さなくて良いんだよ!』
『はいはい。好きにしたら?(*´Д`*)』
やったーーっっ💕

少々呆れ気味の旦那をよそに、ルンルンで頼んだら。
『3月上旬入荷』
、、、なんですと?!!(◎_◎;)

『3月なんか、コタツシーズン終わるで?』
『5月までは寒いから使うもんっ
 コタツシーズン終わっても、テーブルとして使えるもんっ(´°ω°`)』
『はいはい。じゃあ、好きにしなさい』
うーむ。それまでご飯はどこで食べようかな、、、(>人<;)

まぁ、そんなこんななことがあったのですが。

コタツは、2月半ばに届いてくれました♪

コタツとは別に頼んでいたカーペットも同じ日に届きまして。

家具を退けてカーペットをひき、コタツを組み立てるという重労働を、旦那が1人でしてくれましたっっ

カーペット、ピッタリサイズがなくて。
実際の部屋にサイズを合わせて、切るとか折るとかって面倒な作業つき!

あんなに渋っていたのにっ
旦那よ、ありがとう〜っっっ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

早速コタツに住み着いて、ウキウキです♬

こんな早くにコタツ使えるとは思ってなかった!(*⁰▿⁰*)
旦那よ、ほんっとにほんっっとに、ありがとうっっ💕

IMG_4696


IMG_4697

道端で咲いてた小さな花の色は、クレヨンのピンク。

小さな小さな赤い実が、小さな頃食べた駄菓子を思いださせます。

花の直径は5ミリくらいでしょうか。

可愛らしい小さな花は、道ゆく人の目には止まらないらしく、皆さま素通りです。

たまには、こんな花を見つけて癒されるのになぁ。

IMG_5405

リサイクルでセットで見つけたお皿。

みのる陶器ってメーカーさんのもののようです。
お皿の裏に大きく刻印が。

みのる陶器って何?と思いながら、一目惚れで買ってきたもの(笑

『一目惚れだけど、セットじゃなかったら買わなかった。君とお揃いだよー♬』
と旦那に見せに行って。
『はいはい。そうですか。良かったねー』と笑われた。

調べてみたら、美濃焼のメーカーさんらしい。

いわゆる『インスタ映え』するような、小洒落た食器を得意とするメーカーさんで。
お手頃価格帯のものを販売しているようです。

へー 知らなかった!(◎_◎;)

試しに、その時作っていたガーリックトースト載せてみた。

おぉっ 映えるぞ?!(笑)

旦那にまた、わざわざ
『載せただけなのに、なんだか絵になるぞ!?』と見せにいって笑われました、、、(笑)


IMG_5404

カップヌードル。
とうとう出た味噌味。

何で今までなかったよ?味噌味。

余りカップ麺は食べませんが、試しに食べてから、ただいま味噌味偏愛中なワタクシ。

ハマると長いんだよね〜

そんなある日。

蓋を捲ったら普通はネコが出てきますが。
噂に聞いてたチベットスナギツネに遭遇!!

うわっ ほんまにいた!!(◎_◎;)

チベットスナギツネに注目した最初の人って誰なんだろなぁ

こんな面白い表情がデフォルトな生き物。
私の記憶ではメジャーになったのはごく最近です。

そもそも、チベットの砂ギツネですよ。
目撃例だって、北海道のキタキツネとは訳が違うじゃないですか!

なんで、そんな生き物が日本で人気を博しているのだか、、、

チベット人もきっとびっくりです(笑)


IMG_4889


IMG_4890

ある日、道端にとても小さな朝顔のような、でも鮮やかな濃いピンクの花が咲いてました。
直径は5センチほど。

名前も知らない、小さな小さな花が幾つもひっそり咲いてます。
なんて名前の花なんだろうなぁ。

葉っぱからすると、朝顔の仲間では無さそうです。
花が咲くからには。
実もつくのだろうと思いますが。
この画像には見当たりません。

朝顔のような茶色の殻に黒くて小さな種が詰まってるような物なのでしょうか。

花は目についても、中々実がつくまで気にし続けるってことは難しいですね、、、
どんな実がつくのかなぁ


IMG_4888

柊、、、だと思いますが。
花を初めて見ました。
こんな、雌蕊が飛び出して揺れてるような、面白い形の花が咲くのですね。
しかも、花色は白!

知らなかったなぁ。
花は咲かないと思っていました。

、、、でも、柊って。
実をつけましたっけ??

花が咲くからには、実がなると思うのですが、、、実も見た記憶がありません。

柊の実って、、、??


IMG_5391


IMG_5392

仲良し同僚・りかちゃんが。
あんこマニアだった件について。

和菓子が好きなのは知ってましたが。
単にあんこ好きだったことが判明。

あんこ!あんこ!と、ある日彼女が激推し・あんこ製造業者を熱く語り出したので(笑)
彼女が貰ってきたパンフレットを拝見。

あれ?これって京都だね!(◎_◎;)

京都では和菓子屋さんであんこから炊いてるお店はほぼ無いのだそうです。
あんこ炊き専業があるのは、よその街には少ない個人商店の和菓子屋さんが、街中に溢れてる京都ならではらしい。

確かに、個人商店の小さな和菓子屋さんなら、あんこ炊き専業の業者から使う分だけ買う方が合理的ではある。

私も、こちらでは無いあんこ製造会社を知ってますから、京都市内にあんこ炊き専業が一社しかないわけでは無いですしね。

りかちゃんは、わざわざ年に数回はこちらに訪問して直買いしてるそうな。

そう。京都のあんこ製造業者の特徴は、一般の方にも普通に小分け売りをされてることが多いこと。
業者卸しかしないって会社の方が少ないのです。

『あれ?あんこ炊き専業なのに、大阪に小売の店出してるの?』
そんなあんこ炊き専業業者は、聞いたことがない。
『うんにゃ。ここでしか買えないよ』
、、、そうなんですか。

京都住まいの私ならともかく。
大阪から年に何度もわざわざ直買いに行くとは、、、

激ラブだな!!(◎_◎;)

そうして、りかちゃんは、まだまだ中村製餡所への深〜い愛を語っていたのだった、、、

いただいたあんこ、確かに美味しいけども!

わざわざ、大阪から年に数回、キロ単位で買って帰るのかいっっ
そんで、数キロのあんこが、家族3人で3日もたないって!!!
そんなマニア、りかちゃんだけだから!!!


IMG_5396

見慣れたミスタードーナツの店舗で、何やら長〜い行列が出来ていたので、覗きに行ってみた。

ほほぅ。
ヴィタメールとのコラボが噂になっていたっけなぁ。

そんな訳で、何となく好奇心で買ってみた。

美味しかった。
わたし的には、キャラメル味のは好みでした。

うーむ。
でもなぁ
もっと好みをいうなら、いつものオールドファッションのハニーの方が、、、(u_u)

ドーナッツにクリームとか挟まってるのがあんまり好きではない私には、一回食べたら(好奇心が満たされるので)もういいかな。

ちなみに、旦那と半分こしようと思って買ってきたのに

『え?ドーナッツ?? いらない』

、、、全く興味がないらしく、そっけない返事でした。
夫婦仲良くコーヒーブレイクしようって計画はあっけなく潰えました、、、_:(´ཀ`」 ∠):

いいもん。自分で食べるもん!!


IMG_5316

うちのレモン🍋の葉っぱを食い荒らした芋虫が、サナギになってるはずなのに、どこにもサナギらしきものがない。

姿を消してから、どこにいったのかと思っていたら、樹木の栄養液のボトルにくっついてるのを発見。

このボトル、植木台の下にしまっていまして。
日光や雨風があたりにくい奥まった場所にあるので、滅多に出さないから知らなかった。

なるほどなぁ。
天敵に見つかりにくく、雨風も避けられる。
サナギになるにはもってこいな場所ですね。

でも、レモンの木を降りて、ここまで這ってくるのは、芋虫にはそれなりに遠い距離。
まさかこんなとこにいるとは!!(◎_◎;)と思いました。

うちのレモンの葉っぱをたらふくたべてサナギになったのですから、ここまできたら無事に羽化してもらいたいものです。

ボトルはサナギを驚かせないよう、そっと使って、そうっと元の場所に戻しておきました。

人間の勝手で保護・観察されても困るでしょうから。

どんな蝶になるのかなぁ、、、
ちゃんと大人になるんだよ〜

IMG_4734


IMG_4733


すだちに見えますが、うちでなったベランダ育ちのレモンです(笑

小さいのを切って絞ってみました。

おぉ〜 切った断面もしっかり果汁もタネもありますね!
よしよし。

勇んで唐揚げに絞ってみた。

、、、あれ?酸っぱくない。
香りも少ないように思います。

うむむ、、、( ̄^ ̄)ゞ

五つなった中で、この後、他のを切って絞ってみましたが、他のはちゃんと酸っぱい。
香りもある。

、、、コレはまだ青かったから??





IMG_4865


IMG_4864

Uber eatsって、コロナ禍で一気にメジャーになりましたね。

地元に配布されていたハガキに、とうとうこんな飲食店の少ないエリアにも来たんだなぁと。

IMG_4745

今年は12月から何度も雪の降る京都。
寒〜い、、、

でも、霜柱も見なくなったし。
氷もはらないし。

これでも温暖化なんだろなぁ。

しかも、今はコロナ禍で事務所の窓が開いている!!
わたしの席はその窓際!!
いやぁあっっ(>人<;)

カイロにタイツに、モコモコ靴下が必須です。

新しく買ったモコモコ靴下。
でも、もう青地に星の靴下が、片一方が洗濯後に行方不明に、、、

靴下って、片方すぐどっか行きませんか、、、

わたしだけ、、、??

IMG_4752

フランスに、フェルベールさんと仰る有名な女性のジャム職人さんがいらっしゃる。

その素晴らしい感性と手腕で作り上げられたマダムのジャム。
そのお味に感動した方々は、マダムを『ジャムの妖精』と讃えてる

そんな話が遥か遠くの極東・日本にも聞こえて来る名人のお弟子さんに日本人がいた。
しかも2人もいた。

わたし的にはかなりびっくり! 
世界は狭くなってるんだねぇっ?!ヽ( ̄д ̄;)ノ

お二人とも、お弟子さんはお弟子さんだけど、お二方は一緒に働いてる時期があったのかしら?

中のレシピには、お弟子さんそれぞれに、その方の好みが反映されているようです。

わたしの好み的には、田中さんの本の方が好きなんじゃないかなぁと思っています。

作りたいけど、、、毎年忙しさが益々忙しいになってゆく仕事の合間に作れるかな??

IMG_4898

TVで大活躍されていた京女といえば、ひと昔前はこの方でした。

根っからの京女でいらっしゃる。
着物文化を通じて、世界に日本を、京都を、紹介し続けていた方でもあります。

『市田のおばちゃん』と密かにお呼びしていたのも、本当に近所にお住まいになってるおばちゃんのようだという親近感からくる、私なりの愛称です。

この本には、そんな市田のおばちゃんの、着物暦と挿話がたくさん載せられていました。

市田のおばちゃんは、いつも着物を着てTVに出ておられた。
そして。
その時々に、これからの日本の伝統文化・着物文化の行く末を案じておられました。

技術者の高齢化・温暖化による季節のズレ・若者の着物離れ・機織り機など機械・道具の作り手の減少、などなど、、、

恐らく高齢になられたために、TVでお見かけすることはなくなりましたが。

着物文化は、市田のおばちゃんが憂いていた通りの道筋を辿っています。

とうとう、手織りの機織りには欠かせない杼(ひ:先が尖った細長い楕円形の木の道具。横糸にする糸を巻いて、縦糸の間に通すことで布を織っていく)さえ、作り手がいなくなったと聞きました。
摩擦に強い桜材で作るのですが、固いためになかなか作るのが難しいと聞いていました。
近年、杼の作り手は京都にたった1人になったとも。
その方が高齢のため廃業してしまわれたのだそうです。

市田のおばちゃん。
わたしは何とか1人で着付けができる程度にはなりました。

着れば着るほど、おばちゃんの仰っていたことが身に染みて理解できるようになりました。
本当に、着物というものは日本の風土・歴史と密接に繋がっている

私は、あなたが望んでおられた、次世代への架け橋にいつかなれるでしょうか。